漢のヴォーカル!

ジャズ界ではヴォーカルと言えば圧倒的に女性天下。数も人気も断然女性のほうがありますな。ま、ジャズヴォーカルとなれば自然とスタンダードナンバーが取り上げられることになります。そのスタンダードが殆ど女目線でのラヴソングなんですから無理も無いことかと。シークレットラヴなんて曲を男が歌う訳にもまいりませんしねえ。
と言う訳でなんとなく分の悪い男性ジャズヴォーカルですが、今夜は選りすぐりの名人を3人ご紹介。

・Come Fly With Me (Frank Sinatra, Sinatra At The Sands)
ご存知シナトラ。この人をジャズヴォーカリストと称することに抵抗を示すヒョーロンカの類いの輩も多いですが、そんなことはどうでもよろしい。さすがに俳優としても大成功した人ですから、歌詞の表現力、ステージングなど凡百の歌手が足下にも及ばない力量を発揮します。本録音はカウントベイシー楽団とのライヴ共演。

・What are You Doing the Rest of Your Life (Grady Tate, All Love)
グラディの本職はジャズドラマーです。ピアノトリオからビッグバンドまで、古めのスタイルからモダンまで何でもござれの凄腕で、アメリカジャズ界の重鎮中の重鎮。私も昔から大ファンです。ジャズ以外にも、サイモン&ガーファンクルの有名なセントラルパークライヴなどにも参加しています。そんな偉大なドラマーでありながら、歌がまた味わい深い。渡辺貞夫さんのフィルアップザナイトというアルバムにも歌で参加したりしています。

・For All We Know (Nat King Cole, Vocal Classics & Instrumental Classics)
ナットキングコールショーのホストとしても有名なキングコール。もともとはピアニストです。40年代に自身のピアノ、ギター、ベースというトリオを率いており、ドラムレストリオの先駆け的な存在でもありました。そのトリオ時代から弾き語りをしていたので歌手としての芸歴も長いですが、50年代からはほとんどピアノは弾かなくなったように思います。
プロフィール

バランサ

Author:バランサ
店名はバランサと読みます。吉祥寺では貴重な、エリア的にも内装的にもとても落ち着いた店ですので、ぜひお立ち寄りください。
文筆のプロ選定の古書販売「本棚屋」、毎週木曜はネットラジオの公開生放送、その他月イチ程度でクラシックかジャズの企画ものライヴなど、いろんな企画を敢行しております。

カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
Twitter
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる