バーテンダーの腕にもいろいろありますが

カクテル。バーの華ですねえ。マティーニやジントニックをはじめ、いろんなスタイルのいろんな種類がありますが、一つのカクテルを作るのに同じ材料を使ってもバーテンダーごとに違う味わいになるのがカクテルの大きな魅力ですね。マティーニに使われる主材料は基本的にドライジン、ドライベルモットのみですが、その分量が違えば確かに味わいは大きく変わります。私などはベルモットをしっかり入れるのがマティーニだと思っていますが、極端にジンの分量を勝たせるレシピを採用される方も多数いらっしゃいます。ま、そこは好みというか主義というところで。

ところで殆ど全てのカクテルに共通することが一つあります。それは氷を使うということです。先のマティーニなどは材料を氷と一緒に大きなグラスのなかでかき回すことで混ぜ合わすステアという技法で作りますが、よく「何回かき混ぜるか」ということが言われます。人によってはかなり厳密に回数を決めて混ぜる人もいらしゃるようですが、私の場合は、ジンの香りがふわっと立ってきたところで混ぜるのを止める、というやり方です。回数を重視しない理由は、サイズや形状などにどれほど気を使ったところで氷の状態というのはその時その時で違うから、です。それは氷そのもののせいというよりもその時の室温、湿度などの影響、おそらく気圧なども関係があることと思われます。つまり氷の解け方、割れ方というのはその都度違う、というのが私の見解です。その中でカクテルをいつもよい状態で仕上げるためにはどうするか、ということに対する私の答えは、ステアの場合は何よりも香り、シェイクの場合はシェイカーを通して手に伝わってくる液体の粘りというか重さの感じ、を頼りに作る、ということになります。こうやって作るとおんなじ材料でおんなじカクテルを作ってもいつも同じステア回数、シェイク回数とは全く限りません。
私の場合、この感覚は料理と全く同じです。カクテルに比べると不確定要素の多さが桁違いではありますが、レシピと手順を同じくしても同じ料理が毎回全く同じ味にはなりません。カクテルも全く同じ感覚で作っています。

氷というものの影響はほんとに大きいです。ご家庭でお酒を飲むときも氷を変えてみるとびっくりしますよ。コンビににもいろんな氷を売ってます。おすすめは板氷というヤツです。面倒ですがこいつを自分で割って使ってみてください。
プロフィール

バランサ

Author:バランサ
店名はバランサと読みます。吉祥寺では貴重な、エリア的にも内装的にもとても落ち着いた店ですので、ぜひお立ち寄りください。
文筆のプロ選定の古書販売「本棚屋」、毎週木曜はネットラジオの公開生放送、その他月イチ程度でクラシックかジャズの企画ものライヴなど、いろんな企画を敢行しております。

カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
Twitter
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる