座席紹介

店内デザイン上、最後まで悩み、調達に苦労したのが椅子です。気に入ったデザインが無かったり、あっても品切れで次の入荷予定が開店日に間に合わないものだったり。それでも最終的には完璧に気に入ったものを揃えることができました。

まずはカウンター。5席です。なんでもないように見えるスツールですが都立大学S.H.Pの特注品です。こういうなんの変哲も無い革トップのスツールが意外に既製品にないんです。。。。
IMGP0183_convert_20101121191852.jpg

次、入って左壁際の2人テーブル席です。ル・コルビジェのLC1 スリングチェア。背もたれが360°回転するので座位のとり方次第でどんな角度にもリクライニングできる、おもしろい椅子です。
IMGP0180_convert_20101121192215.jpg

店内中央に鎮座いたします、総革張りアームチェア。英国のHALOの製品です。座面が本革とキリムのリバーシブルになっています。ご自由にお好みの側をお選び下さい。

IMGP0179_convert_20101121192149.jpg

入り口すぐの窓側はイームズのアームシェルチェアです。ハーマンミラーのフルオリジナル品が運よく手に入りました。薄茶のファブリック張りは比較的珍しいと思います。配置のせいか、椅子そのもののせいか、当店で一番人気のある席です。
ちなみに窓辺に立て掛けてあるのはマンハッタン島の東側と西側の風景を手書きで延々とスケッチした本です。見開きを全開すると7mにも及ぶ大作です。

IMGP0178_convert_20101121192124.jpg

最後に窓側奥。カイ・クリスチャンセンのNo.42という名作。北欧家具の導入は全く想定になかったのですが、吉祥寺のLewisで見てこのデザインに衝撃を受け、購入を決めました。惚れ惚れするデザインです。

IMGP0177_convert_20101121192100.jpg

カウンターでのバーテンダーとのやり取りはバー飲みの醍醐味のひとつはではあると思いますが、複数名でお越しの方もお一人様の方も、フロア席でのんびりお飲みになるのもまたよろしいかと。いろんなシーンでご利用ください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バランサ

Author:バランサ
店名はバランサと読みます。吉祥寺では貴重な、エリア的にも内装的にもとても落ち着いた店ですので、ぜひお立ち寄りください。
文筆のプロ選定の古書販売「本棚屋」、毎週木曜はネットラジオの公開生放送、その他月イチ程度でクラシックかジャズの企画ものライヴなど、いろんな企画を敢行しております。

カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
Twitter
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる