2011年11月17日

Senor Mouse (Chick Corea & Gary Burton, Crystal Silence)
ビブラフォンはあまりスポットライトの当たらない楽器なのであまり奏者も多くないですが、このゲイリーバートンという人はそのハンデをものともせず、60年以降のジャズシーンにおいて超重要プレイヤーとして名を残している人物です。今はどうか知りませんがかのバークリー音楽院の校長先生でもあります。チックコリアについては説明無用ですね。

Bach: Cello Suite #1 In G, BWV 1007 - Preludium (Pierre Fournier, Bach: Cello Suites)
フランスチェロ界の歴史的重鎮、ピエールフルニエのバッハ。文句の付けようの無い演奏です。あまりにも有名な第一番の第一曲目をご紹介。

The End Of The World (Julie London)
昔シャネルのコマーシャルでも使われたこの録音。ジュリーロンドンは声がものすごく低い歌手ですが、うそかほんとか、その低い声を維持する為に生前は一日に300本ものタバコを吸っていたと、本人がインタビューに応えています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バランサ

Author:バランサ
店名はバランサと読みます。吉祥寺では貴重な、エリア的にも内装的にもとても落ち着いた店ですので、ぜひお立ち寄りください。
文筆のプロ選定の古書販売「本棚屋」、毎週木曜はネットラジオの公開生放送、その他月イチ程度でクラシックかジャズの企画ものライヴなど、いろんな企画を敢行しております。

カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
Twitter
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる