2011年12月22日

The Nearness Of You (Milt Jackson, Milt Jackson Quartet)
魅力的なバラードでいろんな人が演奏しますがミルトジャクソンのビブラフォンの味わいの前にはたいがいの録音が色あせて聴こえます。

Gradus ad Parnassum (Samson Francois, Piano Works 3 / Children's Corner)
ドビュッシーの子供の領分から。キラキラとしたフレーズの色彩感が印象派の面目躍如といった感。フランソワはクラシック界のワル男だったようです。いっつも酔っぱらってたみたいですし、最終的に酒で命を削ったという人らしいです。昔の人なのでデータとしては通り一遍のことしか知りませんが、この人の演奏はすごくジャジーに感じます。よくも悪くも。個人的にはグルダと並んですごく好きなピアニストです。クラシック界にはこういう人材が居なさすぎます。課題に対して高得点の答えをはじき出すだけじゃあ人を感動させることはできないです。


Tempo Feliz (Sergio Mendes, Sergio Mendes' Favorite Things)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バランサ

Author:バランサ
店名はバランサと読みます。吉祥寺では貴重な、エリア的にも内装的にもとても落ち着いた店ですので、ぜひお立ち寄りください。
文筆のプロ選定の古書販売「本棚屋」、毎週木曜はネットラジオの公開生放送、その他月イチ程度でクラシックかジャズの企画ものライヴなど、いろんな企画を敢行しております。

カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
Twitter
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる