2012年1月5日

Maria (Sarah Vaughan, Sassy Swings The Tivoli)
ウェストサイドの名曲をサラヴォーンが熱唱。このアルバムはプアバタフライが聴きたくて買ったんですが2枚組でどの曲も凄い出来です。このアルバムでの発見はピアノのカークスチュアートが歌手として達者だということ。この人はピアニストとしていろんな偉大な歌手の伴奏を務めていますが、かのジョーウィリアムスのバックでもピアノのみならず、味な歌を披露しています。

Jeux d'eau (Paul Crossley, Ravel Complete Works For Solo Piano)
水の戯れ、ですね。私の最も愛する楽曲です。無人島か墓場にいくならこの曲を持って行きます。

Takin' It To The Streets (Quincy Jones, Sounds...And Stuff Like That)
クインシージョーンズのR&B色の強いアルバム。最高のボーカル曲です。こういう黒い男の歌って最高ですねえ。ドラムはスティーヴガッド。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バランサ

Author:バランサ
店名はバランサと読みます。吉祥寺では貴重な、エリア的にも内装的にもとても落ち着いた店ですので、ぜひお立ち寄りください。
文筆のプロ選定の古書販売「本棚屋」、毎週木曜はネットラジオの公開生放送、その他月イチ程度でクラシックかジャズの企画ものライヴなど、いろんな企画を敢行しております。

カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
Twitter
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる