2012年3月8日

Stella By Starlight (Bud Powell, Bud Powell Trio Plays)
私は田舎育ちなので中学生くらいのころはジャズの色んな名盤のジャケットは白黒のカタログでしか見たことないものが殆どだったのですが、最初にこのアルバムを見たときにはびっくりしました。絵柄はどうってことはないんですがまさかオレンジと紫のツートーンとは夢にも思わなかったので。あと、あまりの音質の悪さにも。その後パーカーやベニーグッドマンの古い録音に接して「ああ、こんなもんなんだな」と納得したわけですが。ステラバイスターライトもこの録音がお初でした。なのでしばらくはステラのストレートなテーマをあまりよく解ってなかったんですよね。バドはかなり揺らしてデフォルメして弾いてますからね。

Satin Doll (Duke Ellington, Jazz Party)
このサテンドールは結構あっさりと終わってしまいます。アドリブも殆どないですしね。しかしどういうわけか他のエリントン録音のサテンドールと雰囲気が違います。クールなんですよね。なぜでしょう。

The Nearness Of You (Red Garland, The Nearness Of You)
日本語では「貴方のおそばに」なんて訳す場合があってなんとも演歌じみててやなんですが。ガーランドはマイルスデイビスのもとではホットな演奏を数多く残していますが自分のトリオになるとすごくおっとりしたサウンドが多い気がします。この曲が入ってるアルバムはバラード集。ガーランドはバラードの名手なんです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バランサ

Author:バランサ
店名はバランサと読みます。吉祥寺では貴重な、エリア的にも内装的にもとても落ち着いた店ですので、ぜひお立ち寄りください。
文筆のプロ選定の古書販売「本棚屋」、毎週木曜はネットラジオの公開生放送、その他月イチ程度でクラシックかジャズの企画ものライヴなど、いろんな企画を敢行しております。

カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
Twitter
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる