2012年4月19日

My Favorite Things (Sergio Mendes, Sergio Mendes' Favorite Things)
サウンドオブミュージックの劇中歌としてあまりにも有名ですがジャズではコルトレーンの演奏で有名です。コルトレーンは映画でこの曲を知ったのではなく、ブロードウェイのミュージカルを観て気に入ったんだそうです。
セルジオメンデスは例によってアレンジが見事です。味わいより分かりやすさ、聴きやすさが信条、、、と本人が言ったかどうかは未確認ですが。

Piano Concerto No.2, 1st Movement Op.18 (Steve Kuhn Trio, Baubles, Bangles And Beads)
ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番第一楽章の有名なフレーズをモチーフにジャズにアレンジしています。このスティーヴキューンというアメリカ人ジャズピアニストは若い頃は結構フリーによった崩壊アプローチをとることがしばしばあったんですが、本質的には端正でリリカルなプレイヤーだと思います。70を軽く超えていますが未だ元気に演奏しています。こういう人には長くいい音楽を聴かせてもらいたいものです。

Nica s dream (Sergio Mendes, Dance moderno)
セルメン2曲目。割と原曲の雰囲気を残していますね。電気楽器も使ってませんし。Nicaというのはニカ夫人と言う、50年代のニューヨークでジャズメンの面倒をよく見ていたパトロネス的存在の女性のことを指していて、かのチャーリーパーカーなども彼女の手厚い庇護を受けたと聞いています。セロニアスモンクも彼女に捧げて「パノニカ」という曲を書いています。当曲はホレスシルバー作。ホレスはピアニストで、かのアートブレイキー&ジャズメッセンジャーズも最初はホレスシルバー&ジャズメッセンジャーズでした。つまりホレスがリーダーだったのです。いろいろ事情があってホレスはバンドを去りブレイキーが後釜リーダーとなってからメッセンジャーズは世界的有名バンドとなるという、ちょっと運がない人です。蛇足ですが、私が初めて実際に会話を交わした本場のジャズミュージシャンはホレスシルバーさんでした。高校生のころのことです。8500円というチケット代が当時目眩がするほどの金額だったことを思い出します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バランサ

Author:バランサ
店名はバランサと読みます。吉祥寺では貴重な、エリア的にも内装的にもとても落ち着いた店ですので、ぜひお立ち寄りください。
文筆のプロ選定の古書販売「本棚屋」、毎週木曜はネットラジオの公開生放送、その他月イチ程度でクラシックかジャズの企画ものライヴなど、いろんな企画を敢行しております。

カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
Twitter
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる