2012年6月21日

ブラジル音楽特集。

On The South Side Of Chicago (Walter Wanderley, Batucada)
ワルターワンダレイはブラジル出身のオルガニスト。アメリカで随分活躍した人ですね。サンバとかボサノヴァには意外とオルガンがよく似合います。その割にやってる人ごく少ないですけどね。そういう意味で貴重な録音です。

Comecar de novo (Ivan Lins, A Noite)
イヴァンリンスは昔から知っていましたが大学に入るまでブラジル人だと知りませんでした。今はともかく、若い頃はどことなくヨーロッパの伊達男風だったので。ブラジルの40年代以降生まれの音楽家は名シンガーソングライターぞろいですがイヴァンもその最先頭集団にいる人です。この曲はアメリカでは「The Island」という名前で知られています。サラヴォーンなども歌ってますね。

Rhapsody In Blue (Eumir Deodato, Deodato 2)
ブラジルの天才ポップスメーカー、デオダートの演奏。原曲はガーシュイン作曲の「ラプソディ・イン・ブルー」です。このデオダートという人は書き下ろしも巧いですが、何よりアレンジが凄まじく巧い人で、こういうことは最も得意な分野かも知れません。ロバータフラック、シナトラ、クレモンティーヌ等々、この人のアレンジのお世話になった大物多数。それにしてもこの録音のビリーコブハムはイイ。ドラムの音程と音量のバランスをほんとによく解ってるドラマーです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バランサ

Author:バランサ
店名はバランサと読みます。吉祥寺では貴重な、エリア的にも内装的にもとても落ち着いた店ですので、ぜひお立ち寄りください。
文筆のプロ選定の古書販売「本棚屋」、毎週木曜はネットラジオの公開生放送、その他月イチ程度でクラシックかジャズの企画ものライヴなど、いろんな企画を敢行しております。

カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
Twitter
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる