2012年11月8日

Un Poco Loco (Bud Powell, The Amazing Bud Powell Vol.1)
バドは”天才と狂気は紙一重”を地でいく人生を歩んだ人です。映画「ラウンドミッドナイト」のモデルはこの人。この演奏は天才性をいかんなく発揮していた時期のもので曲も彼のオリジナルです。演奏、曲想ともに尋常ではないものがあります。私の大好きなマックスローチがドラムです。

The Lady Is A Tramp (Ella Fitzgerald, Ella In Berlin)
エラ。この人はスキャット(歌詞ではない言葉遣いで歌うこと。シャバデュビドゥビドゥバ的なやつ)が大変有名ですが、大部分のスキャットはアドリブではなく書き譜(あらかじめ考えて仕込んだフレーズ)だったのでは、というのが私の個人的考察です。ただしそれは何ら悪いことではなく、実にジャズフィーリングに富んだスウィンギーなエラのスキャットは紛れもなくジャズでした。今回の曲ではスキャットはやってませんが普通に歌詞を歌い上げることに関しても完璧なジャズであった人だと思います。

Dolphin Dance (Herbie Hancock, Maiden Voyage)
60年代中期におけるマイルスデイビスクインテットの初期のメンバーからマイルスが抜けてフレディハバードが参加しているという編成。説明無用の名演です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バランサ

Author:バランサ
店名はバランサと読みます。吉祥寺では貴重な、エリア的にも内装的にもとても落ち着いた店ですので、ぜひお立ち寄りください。
文筆のプロ選定の古書販売「本棚屋」、毎週木曜はネットラジオの公開生放送、その他月イチ程度でクラシックかジャズの企画ものライヴなど、いろんな企画を敢行しております。

カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
Twitter
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる