ジムホール特集

ジャズ界には昔から今に至るまで数々の偉大なギタリストが居ますが、私としては何と云ってもジム・ホールにとどめを刺したいところです。50年代から超モダンな孤高の演奏を続けるジムさんですが、80歳を超えるじいさんとなった今もその演奏が進化し続けているという妖怪ギタリストです。その音楽的才能にも脱帽ですが、何と云っても体力に圧倒されます。演奏家にもっとも必要なものは衰えない気力と体力であることは古今東西の偉大な演奏家たちが証明しています。ルービンシュタイン、クレーメル、アーノンクール、エリントン、ハンクジョーンズ。みんな年取ってもフツーにワールドツアーをやってました。逆に才能はあるのに体力が追いつかない演奏家も居ます。そういう人はどんなに演奏内容がよくても後世に名を残すのはちと難しいところがあります。やっぱり演奏家はいろんなところでいつも演奏している必要がありますからね。
さて今日のジムさんの演奏は次の3曲。

My Funny Valentine(Jim Hall, It's Nice To Be With You)
The Bridge(Sonny Rollins, The Bridge)
I Hear A Rhapsody(Bill Evans & Jim HallUndercurrent)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バランサ

Author:バランサ
店名はバランサと読みます。吉祥寺では貴重な、エリア的にも内装的にもとても落ち着いた店ですので、ぜひお立ち寄りください。
文筆のプロ選定の古書販売「本棚屋」、毎週木曜はネットラジオの公開生放送、その他月イチ程度でクラシックかジャズの企画ものライヴなど、いろんな企画を敢行しております。

カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
Twitter
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる