2013年5月2日はノンテーマ

Poinciana (Ahmad Jamal, At The Pershing)
アーマッドジャマルは日本ではイマイチ本流のジャズピアニストという受け取り方をされてないような空気がありますが、50年代にはあのマイルスデイヴィスがジャマルのレパートリーやアレンジに強い影響を受けたというくらいのピアニストです。また、当曲に参加しているドラマーのバーネルフォーニエという人はワイヤーブラッシュ奏法の大変な名手でして、キースジャレットトリオでも有名なドラマーのジャックディジョネットはバーネルからの影響で、スティックよりも先にブラッシュを使って演奏し始めた、という逸話があります。

It Might As Well Be Spring(Astrud Gilberto, The Best Of Astrud Gilberto)
いい曲です。もともとジャズのスタンダード曲ですが日本ではボサノヴァで歌われることのほうがおそらく多いと思われます。それもこれも、アストラッドによるところが大きいのかな、と。スタンゲッツも参加しての名演。

Bewitched, Bothered And Bewildered (Anita O'Day, Anita Sings The Most)
通常は単にBewitchedと言われるこの曲。エラフィッツジェラルドも名演を残しています。Bewitchedというと、日本でも70年代に大変人気のあった米TVドラマ「奥様は魔女」の原題もBewitchedです。余談です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バランサ

Author:バランサ
店名はバランサと読みます。吉祥寺では貴重な、エリア的にも内装的にもとても落ち着いた店ですので、ぜひお立ち寄りください。
文筆のプロ選定の古書販売「本棚屋」、毎週木曜はネットラジオの公開生放送、その他月イチ程度でクラシックかジャズの企画ものライヴなど、いろんな企画を敢行しております。

カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
Twitter
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる