今週の選曲

とうとう東京も梅雨入り。今夜の19時現在の吉祥寺地方は雨も上がっておりますが、湿気の高いやや鬱陶しい気候です。こんな夜はブラジルもので明るく行きたいものです。ということで今週はこの3曲。

・Arranha Ceu (Eumir Deodato, Os Catedráticos 73)
英題はSkyscraper。いわゆる摩天楼のことです。デオダートはサンバにファンキーな色を持ち込んだサウンドでアメリカでも大成功した人ですが、ブラジル時代にすでにそのサウンドイメージを確立していました。テーマのメロディーがすべて裏拍でできているという、よく聴くとなかなかトリッキーな曲ですが、ごく自然なノリに聴かせてしまうところがデオダートという人の才能の深さをよく表していると思います。

・Primavera (Maria Bethânia, Maricotinha)
兄がカエターノヴェローゾ、妹がマリア・ベターニア。なんとも凄い兄妹です。現在ブラジル音楽界の最高のカリスマの2人。今回はその妹さんのほう、マリアです。この人、録音もいいですが生のステージはもっと凄い。私はこのアルバムの発表記念コンサートをブラジルのリオデジャネイロで偶然見るチャンスがあったんですが、ちょっとした宗教儀式のような神々しさが横溢したステージでした。

・Here's That Rainy Day (Sergio Mendes, The Great Arrival)
元々はアメリカのスタンダードナンバー。それをセルメンがブラジリアンサウンドに料理して録音しました。今日のような雨模様の夜を締めくくるにはこういうしっとりした曲も悪くありません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バランサ

Author:バランサ
店名はバランサと読みます。吉祥寺では貴重な、エリア的にも内装的にもとても落ち着いた店ですので、ぜひお立ち寄りください。
文筆のプロ選定の古書販売「本棚屋」、毎週木曜はネットラジオの公開生放送、その他月イチ程度でクラシックかジャズの企画ものライヴなど、いろんな企画を敢行しております。

カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
Twitter
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる