雨と言えば

株式市場はこのところ随分と賑やかでしたが宴も一段落、という市況のようで。そのせいでもないでしょうが梅雨入り宣言後は雨降らず、かと思えば台風がやってきて雨模様という転々とした天候、皆様におかれましては体調など崩されては無いでしょうか? お気をつけ下さいませ。
ま、台風の影響とは言え風も殆どなくひたすら雨がしとしと、というなかなか良い風情で。そんな夜はしっとりめの曲でゆるりと行きましょう。

・Misty (Julie London)
ジュリーロンドン。彫りの深い美人でスタイル抜群という古き良き時代のアメリカを代表するような歌手ですね。大好きです、私。大変低い歌声の持ち主で、本人によると一日に300本もタバコを吸ってたらしいですね。タバコを吸えば低い声になるってこともないと思いますが、この人は声もタバコもよく似合う人でしたね。エロールガーナーの名曲Mistyをちょっと可愛らしいアレンジで。

・Chopin: Prelude #15 In D Flat, Op. 28/15, "Raindrop" (Maurizio Pollini)
ショパン24の前奏曲から。昔、7番が某胃腸薬のCMで使われていました。今7番を聴いてもあのCMが真っ先に頭をよぎりますからTVの影響力というのは怖いもんです。今夜は15番。雨だれというタイトルが付けられています。左手で一定のテンポで打鍵される音が雨粒の音を表現しているのだそうで。現在最高の名匠、マウリツィオポリーニの演奏。

・One For My Baby (Frank Sinatra)
シナトラはこういう飲んだくれの歌を歌わせたら古今東西右に出るものなしの名唱を聴かせます。演技でもそうですが二枚目のダメ男役がほんとに巧い。マストロヤンニには負けますけどねえ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バランサ

Author:バランサ
店名はバランサと読みます。吉祥寺では貴重な、エリア的にも内装的にもとても落ち着いた店ですので、ぜひお立ち寄りください。
文筆のプロ選定の古書販売「本棚屋」、毎週木曜はネットラジオの公開生放送、その他月イチ程度でクラシックかジャズの企画ものライヴなど、いろんな企画を敢行しております。

カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
Twitter
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる